約束のネバーランド14話ネタバレ感想!レイがエマとノーマンを助けたい本当の理由を考察!

スポンサーリンク

どうも、約束のネバーランドに影響されすぎて、本皮の革靴を買ってしまった、そら(@sorazuki)です!

週刊少年ジャンプ49号に掲載された、約束のネバーランドのネタバレ感想書きます^^

まずは要所メモから!

要所メモ

レイ悪役顔

・エマのブーツかわいい

・小さいレイかわいい

・エマとノーマンが話してる部屋って何人部屋?

本物の発信器をレイはどうやって見たのか?

・6年間、ノーマンにさえ話さなかった、レイの精神力半端ない。

・レイが言う、「お前ら二人」っていうのがめっちゃ気になる。その意図はいかに?

レイがノーマンに囁いた言葉は何か?

・ママとレイの駆け引き面白。もしママが全てお見通しやったら死ぬ(私の精神的に)。

・レイの現実をみてる感じ嫌いじゃない。

 

あれです。もう何なんだろう!めっちゃ面白い!

ずっと二人がベッドに座って話をしているだけなんだけど、すごく引き込まれる!!

上からのアングルとか、魚眼レンズ的な描き方とか、画力高くてすごく見てて楽しい。

背景のベッドとか、置いてあるおもちゃとか鉛筆とかから、どういう空間なのか理解しやすくていい。

レイの言葉を振り返ってる「皆の動きは悪くなかった」のコマで、洗濯物が背景に描かれていることに感動した。

 

しかし、もうちょっと、エマがこの二人に負けず劣らず実はいろいろ考えてるっていう描写が無いと、ただの夢見てる女の子になっちゃうから、そこんところどうにかして欲しい。

 

あと、前回、「何故レイがスパイをしているのか」予測したのだけど、当たってなかった。。。。

 

何故レイはママのスパイをしているのか

前回の終わりが、ノーマンが「レイはどうしてママの牧羊犬をやっているの?」ってところだったのでドキドキでした。

その問に他するレイの回答が、

「脱獄の準備さ」「全て今 この脱獄のための準備」 っっていう回答で、、、もう、、、、ね、、、、、、

めっちゃニヤけるわ。

 

「敵を知るにも 物を集めるにも 敵の懐が一番合理(いい)

「だから俺は敵に自分を売った

 

「俺は農園(ママ)が手間隙かけて育てた金の卵(ハイスコア)

それを中途で刈り取ることは ママもできることなら避けたいはず」

やばいなー。これ6歳の子の思考やでー。

 

いくら脳の成長のために教育されているとはいえ、こういう頭いい子すごくかっけぇ。

憧れるわー。完全に私はこうはなれない(笑)

 

ママとレイとの契約とは?

レイとノーマンが、スパイには何のメリットがあるのかという話を以前していましたが、レイがママから何を対価として得ているかが判明しました!

レイがママにお願いしたのは2つ。

  1. 協力(シゴト)するから即出荷はしないで
  2. 結果を出したら報酬をくれ

報酬として、シゴトのでき次第によって、いろいろとハウスに無いものを取り寄せてもらえてたみたい。

おもちゃとかゲームとか音楽プレーヤーとか取り寄せてもらってたみたい。

こういうところも絵が上手いなぁ、、、、としみじみ思いながら読んでた。

 

発信器の現物をレイはどうやって見たのか?

で、一番衝撃的やったのが、レイが、

「発信器の壊し方に当てがあるというのも…」

「俺は現物を見てる」

って言ったところでした!!!

 

「えっ!!それってどういう状況で?」って思ったのが読者としての素直な感想かなー

実験もしたってことは、「ちらっと見た」ってことじゃなくて、「手に入れた」ってこと?

でも「見てる」って言ってるってことは、「手にした」訳ではないのかな??

 

ここらへん何かの伏線なんでそうか、、、、

どうなんだろう、、、、

 

「何年もかけて手壊し方を突き止めた」って、、、うーん。。。。

 

レイの本当の目的は何なのか?

「断言する」「発信器は確実に無効化できる」

無効化だから、破壊では無いのかな?

「わかるか」

「今 お前の目の前にいる俺は 最強のカードだ」

 

今までずーっと6年間、ノーマンにも打ち明けず、兄弟たちを出荷しながら、いろいろな情報を入手して脱獄の準備をしていたレイ。。。

で、その理由というのが、

「全部」「お前ら二人を殺させないためだよ」

っていうのが。。。

そして、条件次第でノーマンの完全な切り札になるというレイ。。。

 

その条件が、 、、、、 『エマを騙すこと』

 

全員を連れて行くフリをして、土壇場で切り離す。

全員で逃げるということが現実的でないことを、レイは重々理解してる。。。

 

この後にレイとノーマンのやりとりもすごく面白いんだけど、

そもそも「何故レイは、ノーマンとレイを殺させたくないのか」という部分がまだ解らない。

 

私の勝手な予想

物語の今後を考えると、敵についての情報がちょっとずつ出てきたら面白いなーと思っています。

なので、ハイスコアの脳みそを食べる”鬼”と、ノーマンとレイを殺されたくないことと関係があるのではないかと思いました。

 

なので、レイがノーマンに言った「できなけりゃ エマもろとも農園で死ね」についてはただの脅しだと思います。

 

なので、『自分とエマ、ノーマンを鬼に食わせてはならない理由』があって、レイがそれをを知っていると面白い。

例えば、あと10人のハイスコアを鬼が食べると、全世界の人間を全滅させることができるとか、どうせなら、友情とか意外の条件しばりとかも出てくるといいなと思います。

 

靴について

ちょっと全然物語とは関係ないんですが、レイとノーマンが履いている靴がめっちゃ気になります。

前回の話で、片足を太ももの上に乗せていたときとか、もう、靴が気になって気になって仕方なくて、紐がついた革靴っていいなぁってひたすら思っておりました。

私も本皮の革靴を持ってたんですが、エマみたくブーツで、長さがあるのでスーツとは合わせられなくて、スーツのときは、ハイヒールかパンプス履いてたんです。

 

でも、今度出張するとき、いい靴履きたいなー。でもハイヒールは寒いからやだなー。。。って思ってました。。。

で!!!!!

出会ってしまった!!!!

 

本皮で、ヒールが3cmぐらいのレースアップシューズ!!

少し値が貼ったけど、本皮の靴が今までで一番長持ちしてるので、大切にすれば6年ぐらいは履けるだろうと思い買いました!!

自分へのちょっと早めのクリスマスプレゼントです!!

仕事がんばる!!!