王様達のヴァイキング19巻最終回ネタバレ感想!是枝と坂井の永遠の航海記

スポンサーリンク

ご無沙汰してます。そらです。

フリーランスになりまして、なんとかお仕事に追われながら日々成長してます。デザイン出来て、とても楽しい。

そんなフリーランスになって出会った最高の漫画「王様達のヴァイキング」。4回は読み返したし、ムービーコミックも3週くらいした気がする。

実は1巻を発売当時に手にしていた気がするのだけど、当時の私はあまり惹かれなかった。

でも、今こういう仕事してて、この漫画の是枝一希さんと坂井大輔さんがとにかくかっこよくて、めっちゃハマりました。

2019年に出会った私の人生の糧になる漫画第一位です。

そんな「王様達のヴァイキング」がまさかの最終回ですよ。なにこれ。もっと続いて欲しいし、2部とか始まって欲しいテンションなんですが、とにかく終わっちゃったので、週刊ビックコミックスピリッツ読んだ感想を書こうと思う。

王様達のヴァイキング19巻最終回ネタバレ感想!蘇芳総理との終結。

どこまで事が大きくなるねんと思っていた蘇芳総理とのバトルですが、最後は原子力発電所への攻撃を是枝くん、笑い猫、ヴァルキュリヤの三人がかりで止めにかかるという胸が締め付けられる展開へ。

そして、坂井さんの蘇芳さんの対話とかでも、なんかめっちゃ考えさせられる事があって、なんかよく泣いてました。

「我々はーーー自分たちの求める世界を創るために、やって来た。」

結局蘇芳さんは、世界中のIT企業のデータセンターをクラッシュさせるという裏の作成を作っていて、それに対してDEUSをを使っていこうと世界に投げかける予定だったよう。

蘇芳が計画していたIT企業への攻撃を、是枝達が5分間だけ先に仕掛ける事で、世界中のエンジニア達を動かして防衛戦先に始めさせる事で、蘇芳の計画は実現されなくなった。

その中で、めっちゃグッと来たのが、「彼らが戦ってくれる。」「たとえ、僕らが世界からいなくなっても。」というセリフ。

過去に是枝くんがした仕事で、「透明人間でもいいんです」って言った時にもボロ泣きしたんですが、今回もボロ泣きした。

蘇芳が坂井さんに銃を向けたときはどうなるのかと思ったけど、銃に仕掛けがしてあってセーフ。

是枝くんの前で坂井さん死んだらマジでシャレにならん。

 

そして神崎さんも色々とピンチになりながら、なんとか蘇芳総理に勝利。失脚に導く事が出来た。

衣笠監視官かっこいい。かっこいい。神崎さん達お咎め無しだって。

 

で、是枝くんが坂井さんにずっと話したかった事。

「「DEUS」を自由にしてやりたい。」

デウスをオープンソースにするという是枝くんの意見は、自分が作ったものが正しい形で使われて欲しいという願いから。

もう、1巻から是枝くんはどこまで成長するのかと、もうここら辺でも涙止まらんし。

「世界中の人たちに僕の”分身”を託す。」「きっと、世界の一部になってくれる。」

 

そして、それに対しての坂井さんがまたかっこいい。

蘇芳も言ってたけど、坂井さんがいなければ、是枝くん、笑い猫、ヴァリュキュリアが組んで戦うこともなかった訳で、もう、とにかくやばいな。やばい。

「世界に、見たことのない景色を見せることーー」それが世界征服なんだって。

 

そしてね!!!!!最終回本っっっっっっとやばい。やばいしかない。是枝さんの成長半端ない。

蘇芳逮捕から1年が最終回の舞台。

ヴァリュキュリアは金髪に戻した笑い猫を訪ね、笑い猫の様子を変態と称賛する。

是枝くんは浅草の長屋(?っぽい)ところで一人暮らし。和室で紙散らかしてる姿に胸熱。

そして、その日は加藤くんの結婚式で、おめでた婚らしい。

警察チームも喜多川さんも手塚さんも来てるのに、坂井さんはなんと隠居して行方不明とのこと。

是枝くんは世界各国のサイバー捜査局から専属契約の声がかかったけど、どこにも属さないことを選んだんだって。

是枝くんの創ったシステムが、国の垣根を超えて世界中の人々が手を組む土台を創ったんだって思うとなんて成長しちゃったんだと思わざるを得ない。

そして、是枝くんの、ちょっと気弱な「256ももう、おじいちゃんだし、、、、」の発言を少し寂しく思うのと同時に、子供を天才ハッカーに育てたいし、遊びに来て欲しいという加藤くんのセリフ。

その時、是枝くんは“次にどうやって繋げるのか”を考え出したんだなぁと。

 

是枝と坂井の次なる航海は?最終回19巻第208回

どこぞの島で隠居して釣りをしている坂井。

SNSに海のポエムあげてんじゃねーよと笑いながら思ってたんですが、とにかく是枝くんがかっこよかった。

是枝くんが何故ここにいるのか驚く坂井をよそに、

「笑い猫がしつこいんです!!!」が第一声。

どうやら笑い猫は、毎日毎日デウスに侵入しているようで、そこに次の仕事のヒントがあると是枝くんは言う。

「闘いの中に学びが在る。僕は、次の世代の力になりたい!!」

自分の描く姿をはっきり言って、それは自分の仕事ではなく”僕ら”の仕事だと言い切る是枝くん。

 

1巻の、坂井さんがパソコンとスマホを選ばせたのとは逆で。

遊びながら死ぬか、自分と一緒に来るか選べと言う。

 

「必要なんです!!」「今度は僕が新大陸を目差す!あなたを使って!!」

最後カラー4ページの演出がにくいです。

最終回、最後は坂井さんのセリフ。

「出ようじゃねえか!新たな航海に!!」

 

何故是枝くんは自分を見つけて、次の旅へ進めたのか私なりに考えてみる。

正直、ちょっと雑な記事になることを先に謝っておきます。感情の吐き出しとして書くので。

 

王様達のヴァイキングは、ほんと、このタイミングで出会えてよかったと思える漫画でした。

フリーランスになって、とにかく頑張らなくっちゃって、思って、色々やってて、正直色々しんどかった。

でも、この作品読んでて、めっちゃヒントがあった。

「自分の使い方」って言う視点で、是枝くんの幼い頃からのやってきたことがとてもヒントになった。

是枝くんは平成7年生まれの19歳。でも、誰よりも腕がある。

のくせ「大したことじゃない」って思ってて、でも没頭してコード書くことが大好き。

 

特に大好きなのが車のハッキングの回。丹羽さんと是枝くんとの違い。

めっちゃ楽しそうにコードを書く是枝くん見て、涙止まらんかったというか、そうだよねってなった。

あと、「自分の使い方に気づいた人間は強い」ってところとか。

ちょっとずつ自身が付いてきて、自分にやらせろって言えるようになっていく是枝くん見て、あぁ、すごいかっこいいなって思ってた。

人に意見を聞くことを覚えて、一人の力じゃなくて、仲間の力を借りることを覚えて、仲間を信じることを覚えて、自分の限界を超えていくことを憶えて。

ドローンのハッキングの時とかもすごく好き。

ショッピングモールを攻撃から守る時も好き。

何で可能性が0に近いのに、「やれることをすべてやり尽くさないなんて、バカだ!!」ってはっきり言えるのか。

 

是枝くんを見てて、私自身自分が小学生の頃をすごく思い返した。

何が好きだった?私にこれしかないって思えるものがあるの?そんな気持ちで「自分の過去」に付いていっぱい考えた。

絵を描くのが好きだった。文章を書くのが好きだった。バレーが好きだった。

いろんな過去があって、今の私がある。

 

自分の創ったものが、誰かの役に立つのってすごく嬉しい。

最近の世の中じゃ「自分の好きなことで生きていく」からの「自分の好きなものって何だろう?」っていう疑問を持つ人の話を聞くことがある。

けど、私は、多分、小さい頃から、ほんと保育園の頃から、「何で自分が生まれてきたのか知りたかった」のだと思う。

誰かに肯定してほしい。自分がここにいてもいいのだと言ってほしい。

小さい頃、家族に「私生まれてこなかった方がよかったかもしれない」って言った記憶がすごく鮮明に残っていて、よく思い出す。

 

是枝くんが、自分の強みを理解して、「是枝武器庫計画」を打ち出した時に、私は思った。坂井さんが是枝くんに今までの事件をインプットを進めたときにも思った。

とにかく仕事をして、今は自分の引き出しをもっと増やそう。武器庫計画じゃないけど、とにかく私にはまだアウトプットが足りてない。高く売ることは後からでいい。今はとにかく経験を積もう。誰よりも数をこなそう。

誰もが行ったことのない領域に行けるかどうかとかそんなことはまだ先で、

私が私として行ったことのない世界に行きたい。

それで、ちょっとでも誰かにありがとうって言ってほしい。

で、いつか、父親が実家に帰ってこれたら、妹に仕事を回せたら、私はとても嬉しい。

 

運があったのか、一応中国語に関係した仕事も取れてて、何でかわかんないけど、最近は英語での仕事のやりとりもするようになったので、本気で英語も勉強しようと思ってる。

はっきり言うと、仕事しかしてなくて、めっちゃ生活を疎かにしてるけど、仕事してる時が一番楽しい。

デザインしてる時がとても幸せで、昨日は元勤務先の後輩と話してきたのだけど、めっちゃ成長してて、すごく感動した。

人との出会いが面白くて、最近の出張ではできる限りゲストハウスに泊まって、いろんな人と話をするようにしてる。

 

自分ができることを、きっちりやっていこうって気持ちになったのもの是枝くんを見てたからかも。

後、最近リアルで「エンジェル」って単語を聞きました。外資系ITでバリバリやってた方の仕事で、「海外ならエンジェルがいて、、、」ってセリフが飛び出した時に、めっちゃ王ヴァイ読んでてよかったって思ったよ!!

なんだかんだで、とにかく王ヴァイとの出会いがめっちゃよかった。

 

王様達のヴァイキング最終巻19巻の発売日はいつ?

19巻は2019年9月30日発売です。

画像クリックでAmazonに飛びます

kindleでもいいんだけど、王ヴァイはカバー裏の書き下ろしとかもすごく楽しみだから、多分本で買おうかなと思います。

後、最後のカラー4ページがめっちゃいいから、ぜひカラー対応してほしいところなんだけど、難しいだろうからその場合は週刊ビックコミックスピリッツの電子版を入手されることをオススメします。

2019年39号に最終回が入ってるよ。

画像クリックでAmazonに飛びます

後、週刊は隔週連載とかで飛んでるから、スピリッツで19巻掲載分を読むという私みたいな人は、掲載されているかの確認を注意してね。私はやらかしました。

最終回に関連して、久しぶりに坂井さんがTwitterで呟いてたよ

 

王様達のヴァイキングのムービーコミックは42話までdTVで配信されてるよ。

坂井さんの声がまさかの三蔵法師さまでめっちゃ想像と違ったけど、何回か聴いてたら慣れた。

出演:小野賢章, 関俊彦, 熊谷健太郎, 今井麻美

ムービーコミックはdTVで見れるからおすすめ。


テーマソングのCandy or Whip の「last show time」めっちゃいい。

とにかく王様達のヴァイキングありがとう!!!!!!

なんか、是枝くんが後進を育てることに進むのはすごく早いんじゃないかと初めは感じたのだけど、

よく考えたら私も入社三年目ぐらいからそういうことですごく自分自身が成長したなぁと思うので、是枝くんがこれからやっていくことで、彼自身もすごく成長していくんだろうなぁって思った。

ちょうど昨日、私の後輩が、後輩の指導に四苦八苦している姿を見ていたのもあって、やっぱり人って繋げてなんぼってところもあるんだなって思った。

後、やっぱり坂井さんと是枝くんの関係がめっちゃ好きかな。

初めは「お金で繋がってます」なんて言ってたけど、結局、言葉では言い表せないような、一人では行けない世界に行く仲間で。

最近「早く行きたいなら一人で行け。遠くに行きたいならみんなで行け」って言う言葉が自分の中に残っているのだけど、フリーになってやっぱり仲間の力って大きいなって思うので、いろんな勉強会やコミュニティーに顔だして仲間づくりもやってます。

今は主催者さんに呼ばれたりしてセミナーとかに顔だしてるけど、いつかは自分が主催して、いろんな人が集まるコミュニティーを作れたらいいなと思うようになりました。

ちょっとずつ。一歩ずつ。

坂井さんっていくつだっけ?40歳になるぐらいには、私もいろんな壁超え山超え谷超えて、いろんな人といろんなことができる人間になりたいなーって素直に思えたので、落ち込んだ時、仕事に悩んだ時、この航海記を読み返して、また頑張ろうって思えるのかなーと思うと、ほんと漫画っていいなーと思った。

今までは好きな漫画何ですかって聞かれたら、シュトヘルだったんですが、これは並んだなと思ってます。

また、もうちょっとして仕事落ち着いたら、このブログもうちょっと整理して、人生に役立つ漫画リストとかにして、誰かの役に立つようなブログにしていきたいなーと思いました。

ひとまずは、今の仕事を軌道に乗せれるように頑張ります。今日は久々のアポなしデーでした(笑)明日はアポあるので、ちゃんと今日中に準備頑張ります!!