ブロガーがLINEスタンプを作ったソフトとかかった時間を簡単にまとめるよ!

スポンサーリンク

どうも、そらです!この度、久しぶりに絵を描きまして、絵を描きたい熱が溢れ出た結果、気がついたらLINEスタンプを作っておりましたので報告します!!!

LINEスタンプ使用したソフトは?Photoshopのいいところは?

今回使用したソフトはAdobe Photoshop CC 2019 です。

昔のPhotoshopでは使用できなかったカラーホイールが利用できるようになり感動しました。

1つのファイルに40個のイラストを描いて、あとは自動的に書き出ししてくれるようにセッティングしたものに40個描きまくりました。

ただ、線を縁取るあたりの作業から、なぜ私はCLIP STUDIOで作らなかったのかとめっちゃ後悔しました。。。。。

CLIP STUDIOなら自動で出来ることを手動でチマチマチマチマ。。。。

ただ、やっぱりまだまだ私はPhotoshopの作業に慣れてて、ゆっくりアニメを見ながら塗りました(笑)

久しぶりに頑張ったと思います。ちなみにアイディア出しも全てPhotoshopです。下書きも全てPhotoshop。

下書きレイヤーを捨ててしまっていたようで反省しましたが、久しぶりに好き勝手に絵がかけた気がします。

LINEスタンプって気に入ったのだけ使う傾向があるような気がしませんか??

もう少し、「おはよう」とか「ありがとう」とかの挨拶要素を入れてもいいかなーとは思いましたが、とにかく自分が使いそうなスタンプにしたかったので、あんまし文字を入れたスタンプは多くしませんでした。

多分、私が一番よく使うであろうスタンプは以下です。

全体的に、アニメチックな感じで仕上げてしまったことに、リリースしてから、「こういうのは本当に画力がしっかりしている人が出すべき絵柄よなぁ、、、、」とちょっと切ない気持ちになってしまっておりました。。。。

どうせならキャラクターもう一人ぐらい入れておいた方がよかったのかなぁとかも含めて反省タイムになってしまったのだけど、LINEスタンプなんてどうせ自分の自己満足の為に作るのが半分ぐらいなんじゃないかとか思ったり、いや、でも知らない人に買ってもらえたらなんか小躍りしたいぐらい嬉しかったり、とにかく、私はLINEスタンプというものがどうも大分好きみたいです。

一応40個は以下みたいな感じになっております!

LINEスタンプを作ったら好きな値段で販売できるって本当?

実は私もあんまし知らなかったのですが、今ってLINEスタンプの販売価格が設定できるんですね!驚きました。

120円、240円、360円、480円、600円の中から選択できるようで、ちょっと驚きました。

2015年4月からスタンプ値上げがあり、100円から120円になったのは知ってたんですが、それ以上の値段をつけることも可能だったのですね。

今回は迷うことなく120円を設定しました。

むしろ、もっと安い設定とかあってもいいのになーと思いながら、LINEスタンプの価格についてしみじみと考えてしまいました。。。

自分が作ったLINEスタンプが1個売れたらいくら貰えるの?

さて、ここら辺は気になるところではないでしょうか。

ただ、このことを説明するには、LINEスタンプを個人クリエイターが販売出来るようになった歴史から説明しなければならないかもです。

そもそもLINEスタンプブームがあった頃というのは2014年。今は2019年6月。

クリエイターが貰える「利益率」というのも変化しています。

現在スタンプ売上総額の50%をクリエイター様への収益分配額とさせていただいておりますが、2015年2月1日以降に審査申請を行ったスタンプについては、スタンプ売上総額よりApp Store/Google Playなどの手数料(30%)を除いた50%(売上総額の35%)がクリエイター様への収益分配額へと変更になります。

2015年1月31日までに申請を行ったスタンプ、update中のスタンプ、審査中のスタンプ、リジェクト対応中のスタンプ、既に販売中のスタンプについては、2月1日以降も引き続き旧料率(全体売上の50%)が適用されます。

出典 http://creator-mag.line.me/ja/archives/1016370424.html

今までは売上総額の50%もらえていました。100円のスタンプが売れれば、売れた経路にもよりますが、50円ぐらいもらえてたわけです。

しかしながら、今ではAppStoreやGoogle Playなどの手数料を30%引いたものの半分なので、要は35%しかもらえなくなってます。

50%が35%になるということで、駆け込んだ人も多かったのではないかと予想される2015年1月31日。

現在では1個売れても42円以下。売れてたとしても振込手数料とか引かれるので、そのままの金額が貰えるわけではないです。

120円で売るとすると、50LINEコインとしてこんな感じと理解しています。↓↓

LINE ストアから購入: 42円 (120円の35%)

LINEアプリ内のスタンプショップから購入: 30.8円 (50LINEコインの35%)

LINEコインは2015年4月30日分までの購入分は1コイン1.47円として計算され、2015年5月1日以降の購入分は1.76円として計算されているようです。

まぁ、そんなことは置いておいて、今では個人がいろんな形でお小遣い稼ぎ出来るようになってるなーと感じる今日この頃です。

LINEスタンプを売りたいなら売れるスタンプを作らないといけないけど、私が作りたいのは売れるスタンプではない

わかってる。わかってるよ。売りたいなら、白くて丸っこくて可愛らしい動物で、イベント性があって、みんなが使いやすいスタンプを、使いやすい40個のセットにしたらいいってことはわかってるんだ。

でも!!!!!!!!あえて言おう!!!!バカであると!!!

だってさー。うん。白くて丸くて可愛らしい動物の絵が描きたいわけではない。。。。

だって、それって作ってる人いっぱいいるし。いや、作ってみたくないわけではないのだけど、、、、それが使いたかったら買ったらいいやんって思っちゃう。

今回作ったLINEスタンプは「打ち切り」でヒットさせるのがいいと思ってます(笑)今の所ヒットが5つしか無い!

実はこのブログのリニューアルをしたいなーってずっと考えてて、このブログも使えそうなスタンプを作りたいなっていうのがコンセプトだったりします。

なので、私なりに色々と考えて、”私が”使えそうなスタンプを作りました。

LINEスタンプを作るのって、一つの自己表現だと思うんですよね!

このブログもそうだけど、やっぱり自分が思ってることを文字にするのは楽しいし、誰かに伝わればいいなって思うこともある。

そういうことっていろんな表現方法があると思ってて、歌にしたり、ダンスにしたり、言葉で話したり、文字にしたり、絵にしたり色々ある。

その一つがツールの中に入れ込む形に乗っかってるって感じなのかなって思うわけです。

ブログにもLINEスタンプって使えるよね!けど一体どのくらい作るのに時間がかかったの?

さて、問題!!このLINEスタンプを作るのに要した時間はどのくらいでしょうか??

正直ざっくり何ですが、土日2日間引きこもりました(笑)ので、24時間はかけてると思います。

家から一歩も出ないというね(コンビニには行ったかな、、)

で、ひたすら描き続けてました。下書きから全てPhotothop上での作業でしたので、撮影したりスキャンしたりという作業はありませんでしたが、何分腕が鈍っていた。。。

Photoshopで絵を描くのも久しぶり、、、色を塗るにも塗り忘れが多数発生。納得が行かない絵もないわけではないけど、終わりを決めなければ終らない。

無理やり2日間で出来るところまでと決めて作業した感じですね。

正直髪の毛の影とか塗らなければもっと早くできたんですが、今回は何というか愛着が大きくて、出来るだけ丁寧に仕上げたいなぁという思いがありました。

先にも述べましたが、絶対CLIP STUDIOの方が早かった。これは大きな反省点ですが、作り手側の意見を言うと、Photoshopらしさが出ていていいのではないか(んなことわかる人はいない)とも思うわけです。

CLIP STUDIOで描き切って、Photoshopで書き出すのがよかったかなーと思うので、今後作るのであればやり方を変えたいと思います。

審査リクエストから審査完了まではどのらい時間がかかったの??

LINEスタンプは作ったらすぐに販売が開始できるわけではなくて、LINEさんの審査を通過せねばなりません。

今回は一度もNGをいただくことがなく、すんなり通過しました。

審査依頼から合格まで4日間と言う最短OKでした!!今は申請する人が減ってるのかな??

過去には私も他のスタンプで審査に引っかかると言う経験を多々やってきました。

例えば以下。漢字間違い。超恥ずかしいいいいいいいいい

LINEさんからの審査での指摘

LINEさんからの審査での指摘

いや、色々とありました。懐かしいです。。。

このブログを始める前のことですね。超懐かしい。。。(NG画像で表示されてるのは、OKになった時のやつです。昔どんなのでリクエストしたか忘れました。。。。)

まとめ:絵を描くのは楽しい!!!!!!!

ほんと久しぶりに絵を描いたって気がします。好きに描いた。誰にどう思われるのかとか気にせずに描いた。久しぶりに描いた。

なんか、すごく楽しくて、「あー私絵かくの好きやってんな」って気づいた。

売れるかどうかとかは、そりゃ売れたら嬉しいでど、まぁ、そんなことより、とにかく「作ったで!!!!」って言うことを言いたくて記事にしました(笑)

作ったで!!!

一応こちらで販売中!