鉄血のオルフェンズ2話ネタバレ感想!仮面の男の正体はガエリオか考察!

スポンサーリンク

どうも!そら(@sorazuki)です!

鉄血のオルフェンズ2期2話見ました!

あっという間で、「えっ、まじでもう終わり??」って感じでした。

いろいろと思っこととかまとめたいと思います。

ちなみに1話書きなぐり感想はこっち

オルフェンズ2期1話ネタバレ感想!新キャラの名前と設定は?

2016.10.02

 

ハッシュ・ミディの過去が明らかに

うわーって思った。

伊藤先生っぽさがよく出てるキャラデザで好きだなぁ、、
と思っていたハッシュくん。

何故、三日月に対して突っかかるのか、過去エピソードが明らかにされました。

 

信頼してた兄貴分が、阿頼耶識の手術に失敗して自殺したんなら、
そりゃトラウマにもなるよね。と。。。

(ヴィルス視点の三日月に、「あぁ、こういうふうに見えるんやなぁ、、、」ってギクッとした。)

 

「必要なら阿頼耶識の手術も受けます」って雪乃丞さんに懇願するわけだけど、

17歳だと、阿頼耶識の適合手術はナノマシンが定着しないと断られる。

 

「とりあえず試してくださいよ、いいっすよ、別に失敗したって」

すごい追い詰められているなーと。

 

今後のハッシュくんの立ち位置がどこになるのかとても気になります。

モビルスーツには乗るんだろうなーと思うけど。

 

彼の隠れた特技というか、尋常じゃない部分があってもイイ気がするんだが、
今後がたのしみですね。

 

そして、アトラに手を上げそうになるハッシュ君をとめる、

三日月の「これは、何?」がめっちゃ好きっす。

 

みんなwktk!仮面の男の正体考察が熱い!

1話でOPに登場した仮面の男ですが、
今回の2話にも登場しました。

しかし、一言もしゃべらない。。。

ガエリオか??ガエリオなのか??

まさかのアインなのか??

とっても楽しみなので、せっかくなのでいろいろと考察をば。

 

ガエリオ・ボードウィンは、1期でめっちゃいいキャラでしたよね。

最終回のグリムゲルデの決戦で死んだってことになっておりますが、
このときの視聴者の印象としては、

マジデか。お前死んじゃイカンだろう。。。

それにつきます。

マクギリスに自分の妹任せて死ねへんやろ。

 

ただ、ヴァルキュリアブレードのささり具合(?)を何回も観てると、

 

いや、これズレてね?生きてんじゃね?という希望も湧いてこなくもなく、

2期に出ないかなー出ないかなーと期待してしまうのも無理わないわけです。

 

機体としても、シュヴァルベ・グレイズきらいじゃないんよなぁ、、、と思っていた身としては、

もう一度、マクギリスと一戦交えて欲しいと思うわけです。

 

今回のラストで謎の仮面男が登場したわけですが、

エリオン候が声のかけかたからすると、エリオン候の部下なんでしょうか?

「体調は大丈夫かね?」と心配されているところをみると、

五体満足ってわけでもなさそうです。。。

 

あと、マクギリスの行動を読んでたのがこの下面の男ということなので、

『マクギリスのことを分かる=ガエリオ』みたいなイメージしても仕方ないとは思う。

 

あと、かぶっている仮面の目の部分が青色に光ったのにはビビった。

まさかのアイン?とか思ったりしなくもないけど、

体はガエリオやけど、脳みそアインとかえげつない設定では無いと信じたいけど鉄血だしなぁ、、、と思わずにはいられない。

 

声を一言も出さなかったのでホント不明。

今後の物語でも、声とかを機械で変えてたりしたらわかんないだろうし、いつ判明するのか楽しみで仕方ない。

 

結局はマクギリスのときみたく、三日月の勘に期待したいところ。

 

 

鉄華団内部が一枚岩じゃなくなる日も近いのか。。。

地球支部のシーンを見て、ほんとなんかいろいろと考えさせられた。

1話もそうだけど、ほんと他に行く所ないからっていう背水の陣で働いている子たちもいるんだろうけど、

オルガ隊長のことを慕って、信じてついていっている人が全員なわけじゃないっていう感じがよくわかっていい。

 

なんか、うちの会社も、「若社長についていきたい」っていう幹部職の方々と、
昔のこと知らない入社五年目以下あたりの後輩たち見ていると、いろいろ思うことがある。

私自身、こいつらの為なら、多少しんどいことでもやっちゃろうかってなってるというか。。。

会社というより、家族に近いものがあるというか。

 

難しいよねー。

グレーだよねー。

三日月の戦闘がめっちゃカッコよかった件について

それにしても、三日月の最強っぷりはとどまることを知りませんね。

とにかくめっちゃかっっけえ!

そしてめっちゃ描くの難しい。

鉄血のオルフェンズ2話ハッシュ・ミディ

夜明けの地平線団ってネーミングどうやねん思ったけど、

正式に対決することになりそうで、楽しみです。

 

ユージン副団長とオルガ団長との会話がなんか切なかった。

 

「で、どうするんだよ、夜明けの地平線団相手にやらかすか?」

「不可能を可能にできなきゃ鉄華団は終了だ」

 

なんか、毎日が生きていくために必死なんだって感じるというか。

まぁ、仕事ってそうなんだろうなと思うけど、
こいつら命がかかってるからな。

私の仕事で後輩がプレッシャーかかってる時の口癖が、「これ落としても死なへんから」なんだけど、
こいつらは、「これ落としたら死ぬ」やねんなぁと。

 

昭宏の言葉もあーってなった。

「生きるも死ぬのも自分で選んでいいんだ」

 

とにかく

自分の現実とまったく遠くにある物語はホントいろいろ考える。

自分の当たり前が当たり前であることがありがたいんだよなぁと。

次回楽しみです。