部屋を片付けるにはまず何からすればいい?楽に掃除をする方法

スポンサーリンク

どうも、そらです。

部屋を片付けることはとっても大切。
ですが、こんなことないですか?

「どっから手をつけたらいいんかわからへんねん!」

そんな気持ち、すごくわかります。
今回は、掃除って言葉を聞くだけで気が重たくなる人にオススメな、片付ける前の準備についてお話しします。

 

片付けは楽しんでするもの!

小さい頃よく親から「片付けなさい!」って怒られたりしたんじゃなかろうか、、、
片付けはめんどくさいことっていう意識があるんですよね。。

「掃除とか片付けとか超苦手、、、」

そんなあなたにまず知って欲しいのは、掃除と片付けっていいこといっぱいあるよってこと!

一人暮らしで部屋を片付られない女性必見!知ると部屋を片付けたくなるメリット3つ!

2016.05.29
  • 仕事がうまくいく
  • 貯金ができる
  • ポジティブになれる

こんなメリットがある部屋作りをあなたもやってみませんか?

 

そして次に知って欲しいのは、「片付け」「掃除」との違い。

片付けとは?

散らかっているものを整理すること。

三省堂 大辞林

掃除とは?

掃いたりふいたりして,ごみや汚れをなくしてきれいにすること。

三省堂 大辞林

 

つまり、散らかっている部屋を片付けないと、きれいにするための掃除もできない

じゃぁ、どうやってやればいいんでしょう?

 

どんな部屋でどんな楽しみ方をしたいか妄想しよう!

 

そもそもこのページを見ているあなたは何故部屋を片付けようと思ってますか?

親に言われたから?

友達を呼ぶから?

何か困っていることがあるはずです!

そこの部分をしっかり考えてから片付けに取り掛からないと後悔します

何故部屋を片付けたいの?

今一番困っていることは何ですか?

あなたの部屋で、一番困っている部分がどこなのか考えてみてください。

流し台が汚くて、料理を作る気が起きない。
だから外食ばっかりになっちゃって、すごく不健康な食生活になってる。
実は2kg太っちゃった、、、、、

とか、

クローゼットに服が入り切らなくて、服が部屋に散乱してる。
土日に着る服を探すのに一苦労で、なんだか外出が億劫に。
休みの日なのに全然楽しめずに終わっちゃってる、、、

とかです。

結局、部屋が汚いと、なんらか生活に支障がでます。

これ絶対出ると思う!私が身を以て体験してるので声を大にして言う!!

 

どんな生活をしたいかで、どんな部屋にしたいか考える

自分の優先順位を考えてみることが大事です。

部屋をどんな風に使いたいのか考えてください。

 

「寝ること」なのか、「食べること」なのか、「勉強すること」なのか。
他にもいろいろあると思います。

友達を呼ぶだとか、化粧をするだとか、料理をするとか。

 

私の場合は、「読むこと」「書くこと」「寝ること」が大事でした。

「読むこと」を大事にするために、ゆっくり本を読める落ち着いた空間が欲しかった。

「書くこと」を大事にするために、ペン置き場がたくさんあって、ノートも保管できる棚が欲しかった。

「寝ること」を大事にするために、床に直接布団を敷けるスペースが欲しかった。
(安物のベットを買って失敗した経験があるので。)

 

自分が部屋で送りたい生活をイメージして、それにベストな空間をイメージしてみてください。

 

自分の理想の部屋に必要なものを考える

部屋を片付けるためのひらめき

次に、あなたがイメージしたベストな空間に必要なものをイメージしてください。

本棚がいるなぁ、、、とか、大きな机が欲しいなぁとかです。

 

そうすると、今の部屋の大きさでは不可能なことが出てきます

ここがポイントです!

 

 

「もっと大きなクローゼットを置けたらなぁ、、、」

「もっと部屋が広かったらなぁ、、、」

「もっと収納スペースがあったらなぁ、、」

 

 

そう思う前に、もう一つ、次のことを考えてください。

あなたの望む部屋に不要なものは何ですか?

 

私の場合は、欲しかったのは「ゆっくり本を読める落ち着いた空間」であって、
有り余る本を押し込める本棚が欲しいわけではないと気づいたのです。

 

どうやって収納しようか、、、と考える前に、どれだけ収納する必要があるのか考えてください!!

これ絶対!

 

実家暮らしでは田舎で広かったんで、場所はどんどん納屋に置いたり別の部屋に移したりしてたんですが、一人暮らしになると、それができなかった。

そこから私が学んだ教訓です。

 

いらないものを捨ててみよう!

本当に手元に必要なものをピックアップして、不要なものを捨ててみましょう。

捨て方は、超有名ですが、こんまりさん方式がおすすめ。

で、私がもう一つ悩んだのが、「漫画を売るか否か」
私は大の漫画好きです。

人生のバイブルにしています。

 

けど、悩みに悩んだあげく、自分でルールを決めました。

 

そうなってくると、だいたい手元にのこる本っていうのは、
もうそこら辺じゃ買えないものだったり、自分が本当に大切にしたい価値観のものであったりになります。

自分の軸になるようなものが手元に残ります。

 

なので、ものを減らすっていうのは、少しさみしいかもしれないけれど、新しい発見にも繋がることなので、思い切って捨ててしまったらいいと思います。

 

まとめ

 

まずはあなたの理想の部屋を考えて、それに必要なものをピックアップしてみましょう。
そして、不要なものを減らしてみましょう。

 

そしたら、意外と収納について考えなくても、すんなり理想の部屋に近づくかもしれないです!

 

是非、素敵な部屋で楽しい毎日を!