BORUTO2話のネタバレ感想と3話予想?なぜボルトはサスケに弟子入りを?

スポンサーリンク

木の葉丸の髪型が気になります。そらです。

2016年ジャンプ27号は、23号に引き続き、月イチ連載の「BORUTO」が掲載されています。

初連載レビューはこっちを見てね。

BORUTOボルトの一話ネタバレ感想!ナルトは死んだのかと今後の展開も考察

2016.05.09

 

で、今回もボリュームたっぷり47ページ。

やっぱり月間連載ペースの方が読み応えもあるし、いい感じですな。

ではさっそくネタバレいきます^^

 

ボルトがサスケに弟子入り

映画と同じようにボルトがサスケに弟子入りしました。

夜道を追いかけていくのは同じ流れですね。

ドラゴンボールで悟飯がピッコロに弟子入りするのをやりたかったと岸本先生はおっしゃられておりましたが、やっぱりいいなーと思わずにはいられない。

 

サスケvsキンシキ

ちょっとこの場面転換は映画と違いました。

今回の2話では、サスケが入手した巻物をナルトにわたして少ししてから、

「見つけた場所で妙な二人に遭遇した」と言って、
キンシキと争ったことを振り返ります。

セリフ無し、戦闘のみ6ページ。超好きです。

作画池本先生でよかったって思った。
正直髪型の描き方は賛否両論な気がするけど、戦闘描けるのウラヤマシス。

輪廻眼は正直アニメの方がわかりやすいんやろうけど、
それでもコマ割りうまく使って表現してるのが好印象。

 

カタスケ登場しました(笑)

映画でもキーアイテムをボルトに渡す役を担う、ある意味悪役。

科学忍具班班長のカタスケが登場し、修行しなくてもあらゆる技が使えるアイテムをボルトに渡しました。

 

カタスケは「対ナルト」みたいな目線で見られてると思うんですよねー。

ぼろぼろになるような非効率な修行するより、スマートに、クールに「小さな労力で限りなく大きな成果を導き出す」っていうところを目指すのがカタスケです。

私はこの考え方嫌いじゃなくて、カタスケも嫌いじゃないです。

 

カタスケみたいな人の成果が、沢山の人の役に立ったりするんだろうなーと思うこともあります。

 

で、そのアイテムをナルトは受け取って、バレないように使っていきます。

(サスケは気付いてるみたいですなwww よかったww師匠ww)

 

そしてボルト、サラダ、ミツキは中人試験へ!なんですが!!

っていうか、今回一番思ったことなんですが、、

サラダ超かわいくない!?

正直、「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」のサラダより、こっちのサラダのが可愛いように感じる。

まぁ、瞳にハイライト入ってるっていうのもあるかもしれんけど、
池本先生の描くサラダの方が子供っぽい。

っていうか、映画のキャラデザの西尾さんよりなのかな?

 

そして、衣装がかわいい!!

スカーフ!!

映画でスカーフしてたっけ??

してなかった!!してなかったハズ!!!
(映画もう一回みたい)

映画『BORUTOボルト』BD&DVD発売日はいつ?特典ネタバレあり!

2016.05.12

 

私のストレス発散は絵を描くことなんですが、
今回はボルト読んで、これ絶対サラダちゃんやわーと思って描きました。

 

ビーが負けた?次はナルトが狙われる!!

サスケと戦ったのは「モモシキ」と「キンシキ」という大筒木一族。

地上に散った尾獣のチャクラを一つの実とするべく、ビーの八尾とナルトの九尾を狙ってきます。

で、おそらく次回3話の予想なんだけど、多分中忍試験が始まって、それを邪魔されるところまで入るんじゃないかな??

中忍試験の2択問題に見せかけた、機転を試す試験とか、すごく面白かった。

 

そして、ナルトがカッコいいのかカッコ悪いのかよくわからない感じがすごく楽しみ!!