BORUTOボルトの一話ネタバレ感想!ナルトは死んだのかと今後の展開も考察

スポンサーリンク

★ナルトは死んだのか予測アンケートを一番下でやってます!是非投票よろしくお願いします!★

池本幹雄先生の連載に心をたぎらせながら感想を書きます!

本日、2016年5月9日発売のジャンプ23号から月イチ連載がスタートした、
BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONSのレビューです。

ナルトが2014年11月10日に最終回を迎えてから、待ってた。

正確に言うと、去年「BORUTO-ボルト-NARUTO THE MOVIE」見てからすごく待ってた。

ボルトは公開初日に見に行きました。
というか、基本的にナルト映画は基本初日に行ってます。

で、映画のことを語ると止まらないので、さくっと今日のジャンプのレビューいきまーす。

月イチ連載。一話目は59ページ!内4ページはカラーだよ。

正直、買うつもりもレビュー書くつもりもなかった。
なかったんだよ。

このカラーを見るまでは。。。

月イチ連載『BORUTOボルト』のネタバレ感想!池本幹雄が超岸本02

このカラーをみるまでは。。。。
池本せんせっっ、、、(池本先生とお呼びさせていだきます。)

池本先生超すげぇ。
この人単行本のあまりページとかにちょいちょいイラストあったと思うんやけど、
すげーいいなーと思いながら名前覚えるぐらいには知ってた。

あと、池本先生アシスタント歴超ながいやん。
むしろはじめからアシスタントしてたんじゃね?って印象を持ってる。
単行本の前半実家なのでうろ覚えやけど。

っていうか池本先生のwikiが存在しないことにびびった

で、この月イチ連載のことを初めて知った時は、
正直「池本さんかぁ、、、うーん。どうなんだろ。。」って気持ちで待ってました。

で、でな。

今回のカラー4ページ

特に、1ページ目と4ページ目みて、 あぁ、この人すげぇわ。。。って思った。

たぶん、カラー塗ったり、背景描いたり、ナルトでめっちゃやってたんやぁ、、、 ってのがよくわかる。。

キャラクターの絵柄も岸本先生に似せてきてるし、
すごく、、、
なんていうんかな。。。

すごく感動した。

 

特に、4ページ目1コマ目のボルトが超かっこよくて、
最近忙しくて、ジャンプは全然買ってなかったんやけど、久々に買った

ハイキューもCカラーで嬉しい限りやわ。カラーページは保管やなー。
ハイキュー好きな人はこっちの記事も見てくれたら嬉しいで。(ジャンプ流感想書いてるで)

で、今回のボルトの連載はどういうメンバーでやるんかっていうと、こんな感じ。

月イチ連載『BORUTOボルト』のネタバレ感想!池本幹雄が超岸本01
  • 原作・監修:岸本斉史
  • 漫画:池本幹雄
  • 脚本:小太刀右京

小太刀右京さんは知らなかった。
アニメのノベライズとか上手な方らしいな。

で、気になるストーリは??

簡単に言うと。 はじめの5ページに全てが詰め込まれていると言っても過言ではない。

 

まずはじめに「おまえボルトかよ、、、」はまあ言わずにおれる。
まぁ、ボルトやしな。ボルト大きくなったな。。。
最終決戦のナルトぐらいの年やん。

でな、続いて、「おまえだれやねん。」とツッコミを入れなければならないキャラが出てくる。

そして火影岩でボルトが言うねんな。

「ここまでやるとはな……」 「カワキ」

 

カワキ誰やねん。

それにおまえその髪型なんやねん。

 

そして、カワキと呼ばれた兄ちゃんは答えます。

「お前も七代目と同じところへ送ってやるよ……」 「ボルト」

えっ、ちょ、ナルト死んだん??

何その胸熱展開。

ちょーサスケ何やってんだよ!!

 

 

はい、1ページ目だけで楽しめましたね。

どんどん想像は広がり、楽しい世界が広がります。
今日はお布団入ったら木の葉の里に直行で間違いないですね。

なんか呪印っぽい模様が2人にあるところもすごく想像力を掻き立てますね。
そんでもって、なんか1ページ目の構図いいわぁ。砕かれた火影岩も超いいわぁ。。。

 

まじかよ!!こんなクライマックスから読めちゃうんかよ!!
ひゃっほー。 こりゃすぐ買うわ。

 

そういうテンションでページをめくったわけです。

で、5ページ目。

ボ、ボルト、、、、

お前右目、、、、

どこぞの3本使いの剣士じゃあるまいし、おまえその右目どうしたんぞぇ。。。
イケメンやけど、それはビビるで。
どうしたんや。どうしたんやボルト。何があったんか話してみてーや。

まぁ、イケメンやな。

作画のところどこで眉毛の描き方が気になるがイケメンやな。
サスケのまつ毛と眉毛も気になるがイケメンやな。
何より瞳がいい。色超いい。ハイライト綺麗。

月イチ連載『BORUTOボルト』のネタバレ感想!池本幹雄が超岸本04

 

で、それよか、、、

ボルトが取り出した額当てな。。。

額当てな。。。。

月イチ連載『BORUTOボルト』のネタバレ感想!池本幹雄が超岸本05

あああああああああ 木の葉のマークに刀傷。。。

おまえ、、、、、、、
おまえボルトおまえ、、
これ、サスケの額当てだよね!!!!

 

やばいですね。

ここで想像力がいろんな方向に進みますね。

 

でも、ボルトのセリフに、あぁ、ボルトこいつ乗り越えたんや。。。と思わずにはいられない。

「カワキ」と呼ばれた金髪黒髪兄ちゃんが「忍びの時代わ終わる」と言ったことに対し、

「だとしても、、、…オレは忍者だ」 といい、呪印(?)が伸びてきて右目が開きます

やばいね。

 

 

やばいね。

実質3ページで語ることが尽きないですね。

あれですね。予告だけでお腹いっぱいになるアニメのようですね。

 

で、その続きなわけですが、 ボルトが少年時代を振り返る感じで終わりました。

 

つまり、6ページ以降は、「BORUTO-ボルト-NARUTO THE MOVIE」です。

月イチ連載『BORUTOボルト』のネタバレ感想!池本幹雄が超岸本03

入り方がすごくよかった。

俺の物語は 父親が自分の事を見てくれねーといじけてた ガキの頃から始まる にうまくつなげてある。
途中の「オレの物語だ」がすごく印象的。

まぁ、「BORUTO-ボルト-NARUTO THE MOVIE」を何回か見てる人なら、 あーこのシーンそのままじゃんかーとかいう楽しみ方も出来ると思います。

それにしても、今回は構成がとても面白い。
映画チックなんやろなーとは思いながらも、 脚本さん入ってるからどんなかんじに進むのかとても楽しみ。

要は、最高に高まったクライマックスを見せられたわけなんで、
「どうなってこうなったんや」って気持ちと、
「こっからどうなんねん」っていう両方の想像ができるわけで。

 

とても楽しみ。

 

月1ってことなんで、まとめて読めそうやし、次もカラーページあると嬉しいな。

あれやな。ナルトはほとんど感情移入せずに、観客視点で観るんやけど、読むとやっぱり小学生のテンションに戻ります。人空も好きやったけど、ナルトやっぱ好きです!!

 

アニメボルト1話感想はこちらから!

アニメボルトのOPがKANA-BOONのバトンロードになった理由はシルエットにあった?

2017.03.23

ナルトの生死についてアンケート!

みんなどう思ったのかとても気になったのでアンケート作りました!

是非投票よろしくお願いします!