ベクターボール7話のネタバレ感想!おかかの能力と切り札キャラの名前が判明!

スポンサーリンク

いつもありがとう。そらです。

今日発売のマガジン29号に乗った、VECTOR BALL7話のネタバレ感想行きます。

6話でも好き勝手語っております。

ベクターボール6話おかかの能力のネタバレは?今後の戦闘予測と感想

2016.06.08

6話の振り返りと私のツッコミ

思念体・ビリイナに乗っ取られた幼馴染の松原柚子を取り戻すため、
米炊おかか と 群青新太が闘います!

群青新太の力では弱すぎて敵を倒せない。。。

そんなとき、米炊おかかが正体不明のエネルギー体を出し、反撃を開始!!
ひとまず勝利か??っていうところで終わりました。

 

うん。まず言わせていただくとな。

「正体不明のエネルギー体」ってな、漫画の補足のあらすじを読まんと理解できなかったよ(笑)
そういう設定やねんな(笑)

 

漫画って面白いなーと思うんだけど、具体的に名前を付けられないものでも受け入れてしまえるんだよね。

現実世界なら、「男」とか「女」とか「教師」とか「生徒」とか名前つけるけど、漫画の世界なら「思念体」なのか「正体不明のエネルギー体」なのか、いちいち気にしないで読める。

私の性格もあるのかもしれないけど、そういうのすごく面白い。

 

7話のネタバレ

ひとまず、6話でセレクタークラスの敵(思念体?)にテコの原理を利用した武器を造り出すことで勝利したかに見えた2人、、、

 

しかし、敵も武器を自力で引っこ抜き、

「フン セレクタークラスの私を一撃で倒せると思ったか!?」

 

なんか、めっちゃ『セレクタークラス』押しじゃね?

ひとまず群青新太よりランクが高い思念体だということは理解してるが、
セレクタークラスがどのくらい希少性が高いのかいまいちピンときていない

ただ、単純に群青新太の好感度がぐんぐん急上昇している。

なんていうんだろう、素直というか、いちいち反応が健気。

こいつめっちゃいいやつやんな!
友達になりたいのわかるわ。

 

雷句先生のキャラの作り方にうまく嵌められたなーと自分で思っておく。

 

おかかから出た切り札キャラの名前が判明

扉絵でばっちり書かれていたのですが、このキャラが喋ったので名前が判明。

この前の感想の画像用に描いたやつですが、この子です。↓

雷句誠ベクターボール6話マター・ナンバー・ティラー

名前が「ヴェクター」でした!!!

はい。言いたいこと言ってもいいですか。

 

「ベクターボール」から出てきたのが「ヴェクター」。

うん。

「ベクターボール」から出てきたのが「ヴェクター」

(ん?ベクターボールから出てきたって表現していいのかと思いつつも)

 

うん。ちゃんと漫画タイトルも「VECTOR BALL」にカタカナで「ベクターボール」ってルビふってあるし、そこは間違いないようだ。

 

まぁ、「ベクター」やったら、どこぞの遊戯王のように

『俺ベクター』

『ジャンジャジャ~ン!! 今明かされる衝撃の真実ゥ!』

などと言い出さないか不安なので「ヴェクター」で受け止めることにする。

口癖は「ベェクター感激」だそう。

 

いきなり相撲漫画が始まる雷句漫画

おかかがまた攻撃を繰り出します。

「マター!!! ナンバー!!! テイラー!!!」

と叫んだその隣のページから、いきなり相撲漫画が始まります。

 

そして、カバンからイカ焼きを取り出してムッチャムッチャ食べ始める関取

濃いわ〜

ガッシュに通じるところがありますね。

ベクターボールのネタバレ感想と評価は?金色のガッシュと関連してる?

2016.05.21

 

生徒会副会長 学校みんなの憧れの 英茶火勇(えいさほいさ)先輩 でした。

 

もうな、ふざけるなよーと笑いながら言いたい

いいな、これブログ書くと普通やったら流し読みするところまで気付けるので超楽しい。

 

この英茶火勇先輩は、おかかのすごい才能を見抜いて(というか、知って)おられました。

 

米炊おかかの天才的な才能とは?

 

 

「あいつは俺の本気の張り手を喰らっても」

「唯一 平気でいられた男だ」

 

 

ほぉ。それはすごい。

そして、おかかの核となるであろう才能について、
遠くに見える木の高さをどうやって測るかという話から語り始めます。

英茶火勇(えいさほいさ)先輩によると、おかかは、

 

 

「見るだけ」であの木の高さがわかる

それも 0.0000mm単位まで性格に出せる

 

 

だそうです。

 

なにこれ胸熱。

 

どういうことかというと、中学の時の社会科見学で行った電力発電所の風車の高さを初見で当てたところから英茶火勇先輩はおかかの非凡性に気づいたようです。

 

 

「オレ そういう「形」を見るの好きなんだよね」

「知恵の輪とかパズルとかも得意だぜ」

 

 

なるほど。そういう主人公やねんな。

 

 

「もし あいつの頭の中に「設計図」と」

「あいつの頭に直接繋がっている3Dプリンターがあったら」

「あいつはこの世の全てを創り出せるだろうな」

 

 

ちょっといろいろツッコミたいんだが、なんだかんだで雷句パワーでそうなんだーと受け止める

 

「創り出す」っていうのも一つのテーマなんかなぁと思いつつ、
私自身も創ることを理念とする会社に勤めてるわけなので、もうちょっと私も頭よくなりたいなーと思った。

 

そして、ビリイナとの決着は次回に持ち越しです!!

 

とにかく群青新太の疲労が心配で仕方ないんだが、
(この子超健気やん。大丈夫かな。)次回がセンターカラー&大増27ページということで、
楽しみにして次回を待ちたい。