鬼滅の刃7巻59話ネタバレ感想!眠り鬼【魘夢】画像で瞳のカラーは緑色?

スポンサーリンク

本日も「そらの書き物」にお越しいただき、ありがとうございます!そら(@sorazu)です!

2017年の週刊少年ジャンプ20・21号に掲載された『鬼滅の刃』59話のネタバレ感想書きます。

因みに、54話についてはこちらからどうぞ!

鬼滅の刃7巻54話ネタバレ感想!炭治郎が煉獄に弟子入りするのか予測考察!

2017.03.18

★鬼滅の刃のカテゴリ記事一覧はこちら★

鬼滅の刃7巻55話「侮辱」の内容&あらすじ・ネタバレ!

眠り鬼・魘夢(えんむ)は、自身の血を混ぜたインクを切符に使っており、遠隔術を仕込んでいたのだ。

そして、車掌がその切符を切り”鋏痕”をつければ発動する仕掛けになっており、炭治郎達は術の発動に気がつけず、眠りに落ちてしまった。

しかし、炭治郎は夢の中の自分を殺すことにより現実の世界で目覚めることが出来たのだ。

炭治郎は「人の心の中に土足で踏み入るな」と魘夢に語り、刀を構える。

 

魘夢(えんむ)は、「炭治郎が鬼舞辻無惨のターゲット」であることに気づき、口角を上げた。

しかし、炭治郎は「強制昏倒催眠の囁き」にも気を失うこと無く近づいてくるではないか。

 

炭治郎には術は効いていた。効いていたが、炭治郎は術にかかった瞬間に、夢の中で自分を殺して現実へと戻ってきていたのだ。

自分で自分で殺すということは相当な胆力が必要にもかかわらず、炭治郎はそれをやってのけている。

その事実に、魘夢(えんむ)は驚く。

 

炭治郎は夢の中で、死んだ家族に罵声を浴びせられ続けていた。

しかし、炭治郎は自分の家族がそのようなことを言うはずがないと怒り、自分の家族を侮辱するなと魘夢(えんむ)に斬りかかった。

 

魘夢(えんむ)は炭治郎に首を飛ばされるが、それでも言葉を紡ぐ。

「あの方が ”柱”に加えて”耳飾りの君”を殺せって言った気持ち 凄くよく分かったよ 存在自体が何かこう とにかく癪に障って来る感じ」

頸を切ったが魘夢は死なない。なぜなら魘夢は汽車と融合しており、汽車が自身の体となっていたのだ。

 

汽車の乗客200人余り魘夢の体内に置かれている餌であり、人質だと魘夢は語り、焦った炭治郎は仲間に助けを求めた。

煉獄さん 善逸 伊之助ーっ」 「寝てる場合じゃない!! 置きてくれ頼む!!」

 

そんなとき、列車の天井を突き破り、飛び出てきたのは「猪突猛進」と叫ぶ、伊之助だった。

鬼滅の刃7巻59話ネタバレ感想!眠り鬼【魘夢】の瞳のカラーは緑色?

なんだかんだで伊之助が起きてくれてよかったです。

私としては、ちょっと以外でした。禰豆子と共闘かなーと思ってたのですが、そうではなかったようです。

今回は、魘夢の禍々しさがクローズアップされた回だったように思います。

首をはねられても、首から体を伸ばして生きている様子は気持ち悪さがすごかったですね。

 

正直、鬼滅の刃は1話ずつ読むよりかは一気読みのほうが爽快感はあるかもしれません。

なぜなら、けっこうダークというか、切ないというか、月曜日の朝にめちゃくちゃ暗い回1話だけ読むのはけっこうキツかったりします(笑)

結局はそれでも読みたくて読んでしまうわけですが。

やはり単行本は集めなきゃですね!

 

で、今回はセンターカラーでして、魘夢のピンのカラーでした。

週刊少年ジャンプ21・22号より

この「赤」と「緑」を貴重にした禍々しさにうわぁ、、、って思いました。

正直言うと、吾峠呼世晴先生のカラーは、塗り方はすごく好きなのですが、配色があんまり私の好みとは違い、ちょっと首をひねることがあります。

例えば、鬼滅の刃のラインスタンプが発売されて冨岡義勇さんのカラーが初めてわかったのですが、着物の色が予想外の色使いで「えっ!?」ってなったのを覚えています。

クリスマスカラーじゃねーか(笑)みたいな(笑)

https://store.line.me/stickershop/product/1349688/ja

しかし、あれですね。単行本の表紙になると上手くハマってて、吾峠呼世晴先生の色彩感覚がすごいなぁと改めて思うようになりました。

私は再度下げた色とかが好きなので、もう少し色使いの幅を広げようと思いました。。。

 

魘夢の頬の模様の色使いとかがすごいなぁと思います。

あー絵描きたいなぁ!!

 

読者人気キャラ投票も楽しみです!!

次の60話の記事はこっちです^^

鬼滅の刃7巻60話ネタバレ感想!禰豆子が善逸を好きになるか予測考察!

2017.05.23

★鬼滅の刃のカテゴリ記事一覧はこちら★

★Twitterやってます!フォロバするのでよかったらフォローお願いします^^ そら(@sorazukisora)