鬼滅の刃33話ネタバレ感想!我妻善逸の髪の毛が金髪になった理由は?

スポンサーリンク

どうも!そら(@sorazuki)です!

鬼滅の刃第33話「苦しみ、のたうちながら前へ」を読んだので、感想書きますね。

『鬼滅の刃』お願いだから打ち切りにならないで

鬼滅の刃の圧倒的センスが好きです。

1話のときから、「うっわ!この絵、模写したい!!」って思ってました。

『鬼滅の刃』は週刊少年ジャンプにて、2016年11号から連載中の作品でございます。

 

2,016年10月15日現在、単行本は3巻まで発売中。

※3巻が2016年10月3日発売でした。

もちろん私も持っております。

単行本を新刊で買う理由の1つに「帯のデザイン」があります。

2巻と3巻の、絵をつなげて、その上に文字を乗せる帯デザインが好きです。

帯のデザインが好きです。文字レイアウトが好きです。

帯のデザインが好きです。文字レイアウトが好きです。

帯が無いとまた違った印象に

帯が無いとまた違った印象に

シュトヘルの帯も大好きです。

シュトヘル13巻ネタバレ感想!ハラバルとメルミが生きてた?!

2016.09.22

 

作者の吾峠呼世晴先生のコメントが好きです

単行本カバーの折り返しコメントだったり、巻末のお礼文だったりから、

なんだかすごく、この人から炭治郎が生まれてきたのが分かるなぁ、、っていう人柄がにじみ出てて、

「こりゃー応援せんと女がすたるぜっ」って気持ちにさせてくれます。

 

アンケートをせっせと出しております。

ハイキュー銀魂は大丈夫だよねと思ってマイナー目を入れてます。

ハイキュー銀魂は大丈夫だよねと思ってマイナー目を入れてます。

 

単行本にのおまけページもサービスすごいし、

カバー裏まで読者を楽しませようとしている姿がとっても素敵ですね。

 

ジャンプニューオーダーキャンペーンも出しました!

もちろん鬼滅の刃で応募した!

もちろん鬼滅の刃で応募した!

 

33話で我妻善逸の良さがほんとにじみ出てた件について

鬼滅の刃は、ゆっくり時間をちゃんととって読まないと、

中々良さが解らない作品な気がしなくもない。

 

例えば、今回の見開きとか、パッと読み飛ばしちゃってたら、

善逸の師匠が右足義足なの、気づかなかったと思うし。

 

それにしても今回は善逸回でした。

 

蜘蛛に指を噛まれ、毒に侵された善逸。

このままだと、頭もハゲ、自分の意思も持たない、頭だけの蜘蛛の化物になってしまいます。

 

「針がここに来ると 手足に痺れと痛みが出てくる」

「ここに来たら めまいと吐き気が加わる」

「ここで激痛がきて 身体が縮み出し 失神する」

「目覚めた時には」

 

「ギャアアアッ」

「ギャーーーーッ」

「ア゛ーーーーッ」

 

「逃げても…」

 

「無駄ね ハイハイハイ!!」

「わギャッてんだよ」「わかってんの!!」

 

怯える善逸見ていると、なんだか羨ましい。

ほんといいキャラですなぁ。

 

善逸の過去が明らかに。師匠との修行時代

善逸の髪の毛が金色の理由については、

単行本3巻のおまけページでも作者の吾峠呼世晴先生が発言されていました。

みんな単行本買おう!!

みんな単行本買おう!!

善逸は元々黒髪でしたが 修行中木の上に隠れていたら
雷に打たれて金髪になったらしいよ。

大正コソコソ噂話は毎回楽しみですね。

まぁ、このコメントをみたときには、今回の話みたいなエピソードは全く想像できていませんでした。

 

「いやもう死ぬと思うので これ以上修行したら」

「死ぬと思うので!!!」

木に登って必死の形相で叫ぶ善逸。

 

師範はガミガミと言います。

「死にはせん この程度で!!」

「下りて来い この馬鹿者!!」

そんな師範に対し、善逸はこう叫ぶわけです。

「じいちゃん!!」

「師範と呼べ!!」

 

「俺 じいちゃんが好きだよ!!」

「惚れた女に別の男とかけおちするための金を貢がされて借金まみれになった俺を」

「助けてくれたしね!!」

「まぁ 剣士育て勝っただけかもしんないけど」

 

「じいちゃんの期待に答えたいんだよ 俺だって!!」

「でも 無理なんだ!!」

 

「申し訳ないと思ってるよ こんな俺でさ!!」

 

「じいちゃんに隠れて修行もしてんだよ」

「全然 寝てないの 俺!!」

「なのに全然結果が出ないわけ!!」

「どういうこと!? もう一体どういうこと!?」

 

なんか、めっちゃ善逸のセリフ読んでて泣きそうになった。

善逸いいキャラだわ。

 

そして雷に打たれるという。

 

俺は

俺が一番自分のこと好きじゃない

ちゃんと やらなきゃっていつも思うのに

怯えるし 逃げるし 泣きますし

 

変わりたい

ちゃんとした人間になりたい

 

「でもさァ 俺だって精一杯頑張ってるよ!!」

「なのに最期髪ずる抜けで化け物になんの!? 嘘でしょ!?」

「嘘すぎじゃない!?」

「オェッ」

 

ああああああああああああああああああああああああ

なんだろ。

ほんっとなんだろ。

ちゃんとした人間になりたいっていう気持ちはすごく分かる。

なんで、自分はこんなことができないんだろうってとてもつらい気持ちも分かる。

 

失神しないと戦えない剣士、吾妻善逸。

 

技も雷の型の6つのうち、1つしか使えない

 

でも、「好きだよ!」って善逸に言われてポッとする師範が、

彼を応援したい気持ちはすごくわかる。

 

善逸 極めろ

泣いてもいい 逃げてもいい

ただ 諦めるな

 

信じるんだ 地獄のような鍛錬に耐えた日々を

お前は必ず報われる

 

極限まで叩き上げ

誰よりも強靭な刃になれ!!

なんか、師範の言葉が今の私にもとても優しくて。

次週、無事に善逸が蜘蛛になることなく、相手を倒せることを願っております!!

以上