ワンピース854話ネタバレ感想!27歳の私がヴィンスモークのサンジに言いたいこと。

スポンサーリンク

本日も「そらの書き物」にお越しいただき、ありがとうございます!そら(@sorazu)です!

こちらのブログでは、はじめてとなる、ワンピース感想いきます!!(ワンピースは書くまいと思っていたのですが)

ヴィンスモーク家の三男”サンジ” ということが判明してから、サンジが物語の中心になってきまして、古参ファンとしてはとても嬉しい。

小学生の頃から結局離れきることができなかったワンピースですが、今後も本誌で追いかけていきたいと思います。

854話 ”何やってんだ”

正直、プリンちゃんの本性がバレしたときから、うおおおおおおおおおおおおおっていうテンションで読んでました。

前話のルフィはみてて辛かったです。

頼むからはやくサンジのご飯を食べて欲しい気持ちでいっぱいです。

 

「ちゃんと… 待ってねェと…!!! あの場所で…」

 

それにしても、本当にジンベエ助けに来てくれてよかったね。じゃないとルフィの腕ちぎれてたよ。。。

 

鏡の中を通って追いかけてきたチョッパー&キャロットとも合流できて、ひとまず物語は良い方向へうごきつつあるのかなぁ、、という予感ですが油断はできません。

ブルックはプリンの本性を知り、ジェルマの一族を一網打尽にする計画に驚愕します。

 

全員の注目する”誓いのキス” サンジはアホ顔で お前のベールを上げて!

口づけしようとする…

 

そこで…!!

初めて見るお前の「第3の目」!!!

奴は一瞬たじろく!!

その瞬間だ!!いいね一発で仕留めな!!!

 

なんとプリンはジェルマの改造人間でも間違いなくハチの巣にできるという銃を準備していました。。。

ビッグマムはヴィンスモーク6人を消し去り、ジェルマのすべてを手に入れる計画です。

 

 

サンジの自己犠牲の精神は相変わらず??幼少期からのサンジを縛るものとは??

なんだかんだいって、サンジは今まで自分より周りを優先する人である印象でした。

ゾロと並んだ時に、サンジはなんだかんだ言って、やさしさが抜けないような気がする。

バラティエのときとか、ドラムのときとか、シャボンディ諸島のときとか。

 

今回サンジの過去が明らかになり、母親との時間であったり、兄弟との関係だったり、ある意味では異常な環境で生まれ育ったことがわかりました。

しかし、サンジの心が大切にされた事実に、サンジの母のエピソードには普通に泣いてた。

 

ナミも、本当に仲間になるときには、アーロンと向き合ったし、魚人島でも乗り越えたし、今のルフィ海賊団のメンバーっていうのは、すごい決断と成長をしていると思います。

それって、やっぱり自分の過去が深く関係していたと思う。

アニメの、「ちいさな、ころには、宝の地図が頭の中に 浮かんでいて」っていう歌詞が今自然に思い出されたんだけど、自分の過去と向き合って、変化する決断をすることの大切さをサンジを見てて実感する。

 

ただ、なんだかんだ言っても、ルフィ用の弁当を自然と作ってしまうサンジがいて、死ぬ覚悟をしても、ルフィにその弁当を喰わせない決断はできないやつなんだと思うと、「頼むから、おまえ、ルフィのコックやってやれよ!!!!!」っていう思いでいっぱいで、とにかくルフィにはやくその弁当を渡してほしい気持ちでいっぱいなんです。

ただそれだけなんです。

頼むから、その弁当を持ったまま、ルフィとの約束の場所に走ってほしい。

頼むから、走って。

 

ヴィンスモーク・サンジとしてでなくていいから、”黒足のサンジ”として、ルフィに弁当を渡して。

 

サンジはめちゃくちゃすごい男に認められ、必要とされているんだから、もっと自信持って。

おれも死ぬとか簡単に言うな。

ルフィたちは自力で逃げるさとか言うな。

ルフィがどんだけ仲間のこと見捨てられない男かって、お前が今まで近くで見てきたんじゃないんかよ。

腹に一本の槍をくくることを恐れるな。

 

頼むから、その弁当をルフィに届けろ。

ただそれだけ。

 

そうしたら、きっと、自分のあきらめきれないものにきっと気づけると思うから。

サンジ頑張れ。