実写映画【無限の住人】内容ネタバレ!天津影久を凛が殺して終わり?141分にまとめきれない?

スポンサーリンク

本日も「そらの書き物」にお越しいただき、ありがとうございます!そら(@sorazukisora)です!

木村拓哉主演の映画、【無限の住人】を本日2017日4月29日の公開日初日に観てきましたので感想書きます!

実写映画【無限の住人】の内容ネタバレ評価&感想レビュー!

今さっき観てきたんだけど、1回しか観てないのでチョコチョコうろ覚えですが。

内容&あらすじネタバレ

白黒の映像で万次の過去が描かれる

始まりは万次の右目が潰されていない時代から。木村拓哉演じる主人公の万次は旗本・堀井重信の腰物同心として、ある男たちを斬った。

しかし、その男たちのうちの一人が、万次の妹である町の旦那だったのだ。

町は夫を目の前で実の兄に殺されて、気が触れてしまった。

 

万次も腹を切ろうと思ったが、自分が死んだら町も死ぬと責任を感じ、町を連れて逃げる旅が始まる。

しかし、その旅も司戸菱安(しどひしやす)によって終わりを告げる。

目を離した隙きに、町を人質にとられた万次は、司戸から刀を捨てるように言われ、刀を捨てる。

にもかかわらず、司戸菱安は無残にも町を切り捨てた。

 

怒りにまかせて司戸菱安含む多くの男達を左腕を失いながらも殺した万次は、町の亡骸の前で虫の息となり、自分の最期を悟る。

しかし、そこへ八百比丘尼が現れ、血仙蟲と呼ばれる虫を体に移植させた。

万次の腕は繋がり、万次は死ぬことのない体となった。

http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

50年後、凛の両親が天津影久に殺される場面へと

浅野町は無天一流の門下生と共に稽古に励んでいた。

女の身にも関わらず、剣技を磨く娘を微笑ましく見守る両親。その夜の食事を3人で楽しんでいたときにある男たちが押しかけてきた。

福士蒼汰演じる天津影久(あのつかげひさ)を統主とする「逸刀流」の男たちだ。

http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

天津影久は浅野凛の父親と真剣勝負をし、凛の父親を斬り殺した。

凛の母親はその場で辱められそのまま連れ去られた。

 

凛は父の墓の前で剣技を磨き、父に誓う。

そして、何故かそこに居合わせた八百比丘尼が、死なぬ体を持つ男が江戸のどこかに居るから探すようにと言われたのだ。

凛と万次の出会い

凛はついに河原で変わった得物で薪割りをする隻眼の男を見つけた。

それが万次だった。万次は凛を始めてみたときに驚いてみせた。一言「町?」と口にする。

凛は正座で万次に敵討ちを手伝ってくれるよう万次に頼む。

しかし、万次は引き受けない。覚悟の程度を見せてみろと言う。

 

凛は口を震わせながら無言で決意したように立ち上がり、自身の帯を途中まで解いた所で万次が冗談だと止める。

凛を送っていくと立ち上がった万次は、人間相手に剣の練習でもするかと口にし、結局は凛の敵討ちの手伝いをするべく用心棒となったのだ。

 

 

凛は両親を殺された際にその場に居合わせた、北村一輝演じる黒衣鯖人(くろいさばと)という男から恋文をもらい続けていた。

http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

黒衣鯖人は凛が怯える姿に恋していたのだ。

母の行方が気になる凛に、母のものだと一房の髪の毛を投げてみせた。

そして、自らの左肩の布をめくり、剥製となった凛の母の顔を覗かせた。

万次は傷を受けながらも黒衣鯖人を殺し、凛に泣くなと言う。そして、自分の背中で良かったら貸すと伝え、凛は母がもうこの世にはいないという事実に万次の背中に掴まって泣いた。

 

その後逸刀流の凶戴斗と戦うも勝利した万次。凶戴斗は万次が不死であることを天津影久に伝える。

http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

 

凛は、自分の仇である逸刀流の統主である天津影久は、道場を潰して回っているから有名な道場を巡っていけばいずれ出会えると考えていた。

凛と万次は一息つくため茶屋で腰掛けた。凛が手洗いで席を外しているときに、ある男が万次に声をかけてくる。

僧の格好をしたその男は、万次が二人で旅していることを言い当て、自分も逸刀流の人間だが一緒に天津影久を殺そうと持ちかけてきた。

その男は市川海老蔵演じる閑馬永空(しずま えいくう)。

http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

なんと万次と同じように血仙蟲により200年の時を永らえていたのだ。

茶屋で万次と閑馬永空は刀で斬り合う。閑馬永空はその際刀に細工をしており、万次はその刀で斬られた傷が中々治らない。

 

凛を攫われた万次は再び閑馬永空と戦うが、閑馬永空はチベットで手に入れた血仙蟲の効力を無くす毒薬「血仙殺」を使用して万次を窮地に追い込む。

しかし、最期の最期で閑馬永空は生きるのに疲れたのだと万次の刃の前に倒れる。

(はっきりわからなかったのですが、おそらく血仙殺のかかった刀で斬られ、蟲によりつながれていた四肢が切断された)

200年生きた男は息を引き取ったのだ。

 

逸刀流の仲間たちを次々とやられることに危機感を感じた天津影久は、ある女を動かす。

それは、遊女の顔も持つ、ある女。戸田恵梨香演じる「乙橘槇絵(おとのたちばな まきえ)」

http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

彼女は夜鷹の格好をし、万次と凛に近付く。万次は凛に先に帰るように告げ、槇絵と戦う。

槇絵は三味線に隠された武器を手に万次を追い詰める。

手負いの万次には天才女剣士には荷が重いかと思われたその時、凛が飛び出してきて身を挺して万次を庇う。

私を守るために命を張ってくれるこの男を殺させるわけには行かないのだと必死の彼女に、槇絵は天津影久の頼みを聞くことはできなかったのだ。

 

万次は凛に、自分の用心棒を守ってどうするのだと咎め、2度したら用心棒を辞めると言う。

 

万次はある日やることがあると凛に言い、別行動をとる。妹の墓参りだ。

その際に凛はたまたま修行をするために踏み入った山奥で、天津影久と対面する。天津影久の浅野家を殺した言い分を聞くも納得できない凛。天津影久に刃物を投げるも相手にされず、そのまま万次のもとに帰る。万次には天津影久に出会ったことは告げなかった。

 

そんなときに出会ったのは、公儀の命を受けて動いているある集団だった。

街で父を殺した場にいた逸刀流の一員の男を見かけた凛がその男の後をつけた所、その逸刀流の男は市原隼人演じる「尸良(しら)」に殺された。

尸良、栗山千明演じる「百琳(ひゃくりん)」、北代高士演じる「偽一(ぎいち)」たちには逸刀流の中にスパイを潜らせており、その人物から天津影久が心形唐流当主に挨拶に行くために女装をして江戸を出ることを知っていた。

その情報を万次と凛に渡し、一緒に天津影久を殺すべく動く。

 

しかし、尸良の残虐性に怒りを抱いた凛が、尸良に殴られているところ、万次が尸良の右手を切り落とす。

そこから彼らとはたもとを分かつ。

 

凛は改めて万次に甘えていてはならないと、手紙を書き残し、山奥を目指す。

 

そのころ心形唐流へと赴いていた天津影久は、思いもかけない一言を告げられる。

心形唐流は逸刀流に下るという話で天津影久を挨拶にこさせていたのだが、その話はなかったことにして欲しいと言った。

逸刀流を幕府お抱えにするということだったが、幕府はかたや逸刀流を危険視して滅ぼそうと狙っていたのだ。

それを指揮したのは田中泯演じる「吐鉤群(はばき かぎむら)」。

http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

 

天津影久は300人の剣客に追われ、心形唐流の道場から踵を返して逃げる最中だったのだ。

そんな彼と凛は出会った。

巻き込まれた凛は、一人に対して大人数で斬りかかる彼らに待てと言い、殺すにしてもやり方ってものがあるとタンカをきった。

 

そこに凛の書置をみて大急ぎで追いかけてきた万次が到着して言う。お前はどっちの味方なのか、めんどくさいなと。

そして、結局は万次はその場にいた300人と殺し合いをすることになるのだ。

 

天津影久も満身創痍で戦うが、時間とともに体力は奪われていく。

そんな中現れたのは乙橘槇絵だった。彼女は天津影久を守るため、廻りの男どもを斬っていく。

あらかた斬り終えたかと思ったその時、火薬の匂いに槇絵ははっとする。銃を構えていた男たちが発砲した時、槇絵はその身に銃弾を受けて天津影久を守った。銃弾に身を蝕められながらも相手を切り倒し、そこで命尽きる。

 

万次が凛を守りながら闘っている時、ある男が再び彼の前に現れた。尸良だ。

右手を落されたことを根に持っている尸良は、凛を気絶させると背に背負い、凛を括り付け、万次に戦いを挑む。

またも凛を人質をとられ、得物を捨てろと言われる万次は妹のときと同じであることを思い出す。

ただ、万次は凛を逃がすことに成功し、尸良に丸腰でも人は殺せると言い、山を共に転がり落ち、尸良を滝へと突き落とした。

最期に尸良は蔦に掴まって恨み言を万次に言うが、万次はその蔦を斬って尸良を滝へと落としたのだ。

 

凛と万次は再び天津影久と対峙する。

300人を彼らは3人で切り捨てたのだ。地に伏している槇絵をみて、「あのねーちゃんにも礼を言いな」と語る。

そして、そこから万次と天津影久の戦いが始まるのだ。

天津がもう動けないと判断した万次は、凛に刃物を握らせる。

凛は始めは躊躇するが、天津の言葉に逆上して刃物を振るおうとしたそのとき、天津も凛に向かい武器を振り上げた。

そしてそこに万次が飛び込み、万次は凛を守る。

凛は万次を守るため、天津の胸に刃を突き立てた。

 

凛の敵討ちは終わったのだ。

 

しかし、凛が万次の名を泣きながら呼ぶが、万次は目を開けない。

凛は「おにいちゃん」と小さくこぼす。

蟲の力が弱ってしまったのかと思われたその時、万次は言った。

「兄様だ」

ある程度予告PVでネタバレしてたなぁ、、、と思いました。

けっこうセリフがPVで出てたので、あぁ、今ここかぁ、、、って思いながら観てました。

感想はこちらからどうぞ

実写映画【無限の住人】の評価&感想!PG12だけど彼女や家族と観に行けるのか?

2017.04.29

原作の最終回についてはこちらから。映画とは、凛が天津影久を刺す原動力が少し違います。泣きました。

無限の住人原作最終回ネタバレ感想!20代女が槇絵と凛の結末に物申す!

2017.05.03

★無限の住人カテゴリー一覧はこちらから★

★Twitterやってます!フォロバするのでよかったらフォローお願いします^^ そら(@sorazukisora)

凛ちゃんと万次さんの身長差にニヤニヤしました(笑)

映画無限の住人の凛役杉咲花の身長は何センチ?木村拓哉との身長差に違和感が?

2017.05.02